旭川観光モデルコースガイドマップ

旭川八景を巡るコース

ホワイトシーズン 〜 旭川市民が愛する風景を巡る
 
 
  旭川駅   1.平和通買物公園   2.常磐公園  
 

旭川駅→1 隣接
1→2 車で約1分 (0.4km)
2→3 車で約1分 (0.4km)
3→4 車で約15分 (4.2km)
4→5 車で約15分 (4.5km)
5→6 車で約50分 (15.0km)
6→7 車で約55分 (16.3km)
7→旭川駅 車で約15分 (3.2km)



 
住/JR北海道旭川駅前から8条通
/
営/
休/
 旭川駅から8条通までの約1Kmに渡る恒久的な歩行者天国。道の両側には大型ショッピング店や若者に人気の専門店、飲食店などが軒を並べています。
 
住/常磐公園内
/0166-25-2577
営/
休/
 「日本の都市公園100選」に選ばれた旭川の中心地に位置する公園。公園内には、図書館、美術館、プールなど多種多様の施設があり、天気がいい日はお弁当を広げる家族連れが多い。冬には冬まつりの雪像が並ぶ市民の憩いの場。
 


   
◎お立ち寄りスポット情報!
明治時代から百年の歴史を刻む煉瓦造りの倉庫群の中に、デザインギャラリーと地ビール館があります。
■大雪地ビール館(蔵囲夢)
住/宮下通り11丁目
/0166-25-0400
 
◎お立ち寄りスイーツ情報!
スイーツのときめきを・・・細やかなおもてなしの心と気品あるスイーツで、贈る方の真心が伝わるギフトを演出します。
■ロテル・ド・北倶楽部(本店)
住/旭川市上常盤町1丁目
/0166-24-1725
 
             
  3.旭橋   4.旧旭川偕行社
(中原悌二郎 記念旭川市彫刻美術館)
  5.嵐山公園(展望)  
 
住/常盤通3丁目〜本町1丁目
/
営/
休/
 大雪山と石狩川との組み合わせに代表される旭橋は、歴史を背負い、都市と自然との調和を象徴しています。 近くで見ると鉄そのものを感じさせるその姿は、アーチ橋のカーブが美しく、夕日の残照、冬の川霧など様々な表情を持っています。
 
住/春光5条7丁目
/0166-52-0033
営/9:00〜17:00
(入館は16:30まで)
休/月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
 北海道の本格的な洋風クラブ建築として評価が高く、一時期荒れた後の歴史的建物としての保存は先駆的であり、今は数少ない大型木造建築の希少さに目を引かれます。
 
住/江丹別町嵐山・上川郡鷹栖町
/0166-52-1934
(冬期期間展望台への道は封鎖)
 拡大を続けてきた住宅市街地に極めて隣接しながらも、豊かな自然生態系を維持する貴重な原生林が残る嵐山公園。山頂にある展望台からは、市街地から嵐山に向かい流れる石狩川、遠くには大雪山や十勝岳も一望することができます。また、旭川市の夜景スポットとしても知られています。
 

 
◎お立ち寄りスイーツ情報!
こめどころ上川産のはくちょう米を丹念につき上げ、甘さをおさえた餡を包んだ大福餅がおすすめです。
■もち処一久大福堂
住/旭町2条3丁目
/0166-51-1932
 
◎お立ち寄りスイーツ情報!
昭和28年創業、ようかん専門の製造、卸をしているお店。「手造りようかん」と書かれた看板が出ている民家です。
■城本製菓
住/ 春光5条7丁目
/0166-51-4230
 
◎お立ち寄りスイーツ情報!
郷土銘菓、旭川の四季、カマンベールチーズケーキがおすすめです。
■モンマルトさとう
住/錦町19丁目
/0166-53-8308
 
             
  6.神居古潭  
 
 
住/神居神居町古潭
/
営/
休/
 大地創世のダイナミックな渓谷は、人の歴史よりも、遥か悠久の時の流れをあらわしています 昔から景勝地で、遠足や行楽で市民に親しまれ、岩、川の急流、四季の変化などに多くの思い出が染みこんでいます。
   


 
◎お立ち寄りスポット情報!
旭川市内及び上川管内の様々な特産品を販売。人気動物園グッズや地元でしか買えない商品も多数品揃えされている。
■道の駅あさひかわ
住/神楽4条6丁目
/0166-61-2283
   
       
  7.外国樹種見本林
(三浦綾子記念文学館)
   
 
住/神楽7条8丁目
/0166-69-2626
営/9:00〜17:00
(入館は16:30まで)
休/6〜9月は無休、10〜5月まで月曜休館、年末年始
 三浦綾子の小説は世界18カ国語で翻訳され4000万部以上読まれている旭川の「世界財産」とも言われています。文学館は代表作『氷点』の舞台として有名な外国樹種見本林にあります。
   
   
  8.ダイヤモンドダスト    
 
 凍った空気中の水蒸気に日光が反射し、キラキラと光る現象でよく晴れた寒い朝に市内のあちこちで見ることができます。
 
      注:コースは一日コースになっています。※印の施設をまわると半日コースとなります。  
  トップページサイトマップ   Copyright (C) 2010 あさひかわ【観光モデルコース】ガイドマップ All Rights Reserved.